2009年10月24日

某スタジアム

DSC02452.jpgひょんなことから某スタジアムのスコアボードの上、うひょー、寒いぞーー。
ラベル:野球
posted by hide at 09:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

ナックルボーラー

来年から発足する関西独立リーグのトライアウトに川崎北高校の吉田えり選手が参加。決め球のナックルで打者4人に対し内野ゴロ1、内野フライ1、三振1、四球1と好投、話題性だけではなく実力もあるともしかしたら指名を受ける可能性があるとイザに記事がありました。

夏の北京の直後に松山で行われた女子硬式野球のワールドカップ。日本は優勝して金メダルを獲得しましたが、そのメンバーにも高校生が多く入っていました。こう見ると次の世代も順調に成長しているようですね。女子選手にも硬式の道があるということはいいことだと思います。
ラベル:プロ野球
posted by hide at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

まっ

最大13ゲームも差があったのに。それが逆マジック2・・・・。

1−3

こんな時はワンピース アラバスタ編のコブラ国王の例のセリフで。

「悔やむことも当然、やりきれぬ思いも当然。
失ったものは大きく、得たものはない。」

本当だよ。

「・・・だが、これは前進である。」

えっ!

「戦った相手が誰であろうとも、戦いは起こり、今終わったのだ。
過去をなきものになど、誰にも出来はしない!!」

そうなんだよ。お酒を飲んで暴れても負けは負け、過去の出来事なんかには決してできない。

「この戦争の上にたち、生きてみせよ!!」

そう、まだ3試合ある。マジック2がなんでぇ。兎さんが奇跡を起こしたのであれば虎さんだって奇跡を起こせるはず

「奇跡ってのは、起こしてこそ初めて価値が出るものよ。 by葛城ミサト」

ああ、やっぱり。

この辺で閉店ガラガラ(byますだおかだ)なのかしら。

ラベル:野球 タイガース
posted by hide at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

清原選手

清原選手が引退しました。根っからのタイガースファンのワタクシも清原選手はチームをこえて気になる選手の一人でした。

昨日、今日といろんな映像が流れています。ドラフトでジャイアンツに指名されず涙するシーン、そのジャイアンツを日本シリーズで倒す直前に涙するシーン、野茂投手や松坂投手、村田投手との対決。名場面はつきませんがワタクシ的に一番の名場面はやはり甲子園。「甲子園は清原の為にあるのか」、ABC放送の植草アナのフレーズはいまでも忘れることはありません。清原選手の甲子園の映像を見るたびに思い出されます。

清原選手、お疲れ様でした。そしてありがとう。
ラベル:野球
posted by hide at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

先ほどの記事ですが(笑)


ワタクシ、もちろん30年来のタイガースファンです。
posted by hide at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

肘の故障


大阪桐蔭の優勝で今年の選手権大会は幕を閉じました。

別に大阪桐蔭の優勝にケチをつけるつもりはないのですが、常葉菊川の監督が肘が上がらないエースをあそこまでして投げさせる必要があったのかどうかが疑問です。
そもそもオーバーハンドの投手がサイドハンドでしか投げられないほど肘が上がらないのです。
大会前のメディカルチェックでは故障者は無との診断でした。それが大会中にぞろぞろと肘、肩を壊す選手が出てくるのはオリンピックで日程を前倒しにして地方大会と選手権の間に休ませる期間がなかったことも影響しているのではと思ってしまいます。

もちろん選手は無理しても投げたいと言うでしょう、でも選手の将来を考えるととめるのは大人の仕事ではないかと思います。
posted by hide at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

打高投低


今年の選手権大会は文字通り「打高投低」、いえもちろんいい投手もたくさんいるのですが、それにもまして打撃のいいチームが多いのが特徴ではないかと思います。
あと例年にまして浜風が強くレフト方向にふらふらっと上がったイージーな打球が流されてそのままスタンドにという光景も見かけました。いたずらっ子ですね(笑)

さて今日で準々決勝も終わりベスト4が出揃いました。浦添商業対常葉菊川、横浜高校対大阪桐蔭。どちらが残っても好ゲームが期待できそうです。
posted by hide at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

熱闘甲子園


昨日の雷雨で第三試合がノーゲームになった以外は順調に日程を消化している選手権大会。関東一高対常総学園の大差が驚きだったくらいで、思いのほか平穏な毎日を過ごしています。
そんなワタクシのひそかな楽しみは芋焼酎を飲みながら見る熱闘甲子園。ニュース番組ではなくエンターテーメントとしてよく仕上がって、今年も楽しませてもらっています。
ただワタクシの中での熱闘甲子園は2006年がベスト。もちろん早稲田斉藤君、駒大苫小牧田中君、八重山商工大嶺君、大阪桐蔭中田君、他にも上げればキリがないくらいタレントがそろっていたということもありますが、構成、ナレーション、挿入歌のどれをとってもピカイチでした。

さてそんな選手権大会も6日目、丁度1/3が終わりました。今日は横浜高校が第4試合で登場、どんな試合を見せてくれるのか楽しみです。

posted by hide at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

小田原


朝から野球のため小田原へ。

ピーカンな天気、1日炎天下で野球をしていると、、、、こってりと焼けました。梅雨はどこに行ったのやら、水不足が気になる今日この頃です。
posted by hide at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

全日本大学選手権


全日本大学選手権を観戦のため、神宮かドームか迷ったのですが天気が悪かったのでドームで、第三試合の早稲田対九州国際大の試合を観戦。相変わらず早稲田の試合は人気があり大学選手権では考えられないお客さんの入りということ(近くに毎年見に来ているらしいファンの方が言っていた)。

さて試合、申し訳ないが早稲田の圧勝かと思ったのですが早稲田の松下君、九国大の3人の投手の継投で2−0のまま9回裏、九国大の攻撃。2アウト1、3塁の展開で斉藤君が登板。相手は九国大の4番松山君。2ストライクからの3球目、松山君の打球は左中間のフェンス直撃、3塁ランナー ホームイン、1塁ランナー 舛巴君はそのまま3塁から本塁へ、早稲田のショート本田君が中継、そのままキャッチャーの細山田君へ。クロスプレイ、それもかなりきわどい。追いタッチに見えたのでセーフかと思った瞬間に主審の手は上に。
「アウト!」

結局2−1で早稲田。松山君の打球は神宮であればスタンドインしていたであろう打球。たらればはナシなのですが早稲田を最後に追い詰めた九国大、よかったですよ。
posted by hide at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

三塁塁審


硬式野球の審判をしてきました。

6回終わって0:0の試合の3塁審判はやることも少なく、ランナーが来ても2アウトだったので牽制もなし。2塁の塁審さんがキャリア(?)の長い方なので外野フライが上がった時にはまず2塁審判さんを確認、マークに走っていれば2塁へ、そうでなければワタクシがというフォーメーションもばっちり。
でも反省会ではチーフの方に「思い切って2塁のカバーができれば満点です」といわれてしまいました。精進が足らないようです。

試合は最終回の裏、攻撃チームが2アウト2塁のチャンスでレフト前、ワタクシのマークが決勝点という結果になってしまいました。
posted by hide at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

春季関東地区高校野球大会


明日から春季関東地区高校野球大会が開幕、神奈川県開催なので本来であれば4校選出でしたが、例の一件で横浜高校が辞退で3校に。

神奈川のチームの初戦は慶応 対 龍ヶ崎一高、日大藤沢 対 国学院栃木、横浜創学館 対 千葉経大付属となっています。ワタクシ的には横浜創学館 対 千葉経大付属が楽しみです。
posted by hide at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

早稲田 斉藤投手


六大学野球が今日から開幕ですが、話題の早稲田大学斉藤投手がなんと開幕戦の早稲田大学対東京大学で先発。6回1安打0点74球のほぼ完璧なピッチングで勝ち投手になりました。

ちょうど自宅に帰っていてテレビをつけると日本テレビで「早稲田斉藤先発スペシャル」なる番組を放映中。見ていると本当に斉藤スペシャルの題名にふさわしいとおり斉藤君の投げるシーンを全部放送、それ以外で流れていたシーンは斉藤君の初安打シーンと早稲田の1点目の得点シーン、そして東大の最後のバッターの三振のシーンと、タイトルにまったく偽りの無い放送でした(笑)。もちろん録画なのでできる業ですが、ちょっとやりすぎかなと思う点もあった放送でした。

首都野球、神奈川リーグも始まり春の大学野球も全快ですね。
posted by hide at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

ボールから胸部守るパッド発売


胸部の衝撃でおこる心臓震とう、国内では18例あり一部の野球、医師関係者の中では特に18歳以下への対策が必要といわれてきましたが、今回ミズノが心臓震とうから胸を保護するためのパットの販売を開始したようです。

ミズノ、ボールから胸部守るパッド発売。このパッドを装着すると衝撃は1/10になるそうです。よく身体で止めろと指導していますが、低年齢で肋骨がしっかりするまでは本当は危険なんですね。

心臓震とうに関してはこちらから。
posted by hide at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

東海対決


センバツの決勝戦は常葉学園菊川 対 日大大垣。どちらも決勝には初進出でどちらが勝っても初優勝。昨年の秋季大会の対戦は常葉学園菊川の勝ち。ただし一冬越したチームは秋とは違うのでいい試合になると思いますし、また気になったという点では新聞で読んだのですが阪口監督の選手への声のかけ方、モチベーションの上げ方、緊張のほぐし方はすばらしく、準決勝前には「勝たなくてもいい」といい、逆転した後に「カッコがついた」と選手に言って緊張をほぐしたそうです。

で、思い出したのは、昨年とある学童大会での一こま。我々のベンチの前に大きく上がったファールフライを追いかける相手のキャッチャー君、ベンチがあるのにもかかわらず思い切って突っ込んできたのですが惜しくも捕球はできませんでした。我々のベンチからは「ナイス、ファイト」の声もちらほら。ところが相手ベンチの監督はキャッチャー君に向かって「それくらい捕れ!バカ」と言ってしまいました。この後このキャッチャー君のモチベーションは明らかに下がってしまい、パスボール、悪送球を連発。結局試合は勝ちましたが後味の悪い試合でもありました。

もしあの時相手監督が、「ナイスガッツ」とほめていればどうなったでしょうか?阪口監督も昔は鬼と呼ばれていたそうですが、いまは仏、でも練習に時々鬼になるそうですが、それはあくまでも選手が手を抜いたとき。このあたりは見習いたいものです。
posted by hide at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

予想屋失格


センバツも大詰め、準決勝の対戦がきまりました。そんななかワタクシの大予想がどうなったかといえば

常葉学園菊川 対 大阪桐蔭 -> 予想:大阪桐蔭
-> 大阪桐蔭。昨日あれほど投手専念とお願いしたのですが先発は中田。2失点ながら無安打で敗退。

熊本工 対 室戸 -> 予想:室戸
-> 先行したのは室戸。着実に追加点を入れましたが終盤熊本工が3点差をひっくり返し逆転勝ち。

帝京 対 広陵 -> 予想:帝京
-> 初回から帝京の打線が爆発。エース不在も控え投手が検討して帝京の圧勝。

関西 対 大垣日大 -> 予想:関西
-> 中盤スクイズの失敗を笑顔で励ました阪口監督。その後の得点で快勝。希望枠としては初のベスト4進出。

1勝3敗と負け越し。ということで今日は常葉学園菊川 対 熊本工、帝京 対 大垣日大の対決。
posted by hide at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

センバツ 準々決勝


昨日の予想

常葉学園菊川 対 大阪桐蔭
-> 大阪桐蔭

熊本工 対 室戸
-> 室戸

結果
常葉学園菊川 対 大阪桐蔭
-> 大阪桐蔭。昨日あれほど投手専念とお願いしたのですが先発は中田。2失点ながら無安打で敗退。

熊本工 対 室戸
-> 先行したのは室戸。着実に追加点を入れましたが終盤熊本工が3点差をひっくり返し逆転勝ち。

ということでワタクシの予想とはまったく反対の結果に。明日の予想も外れてしまうと予想屋としては失格ですね。
posted by hide at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

ベスト8


気がつけばセンバツはベスト8がでそろっていました(笑)。そこでワタクシ大胆にもこの時点で優勝予想を(何が大胆だ!)

常葉学園菊川 対 大阪桐蔭
-> 佐野日大に大量失点した大阪桐蔭。中田君の先発も予想されますが1回戦では先発したが不発に終わっただけに、ここはバッターに専念。ということは大阪桐蔭の先発のできにかかっていると思います。ワタクシの期待を込めて大阪桐蔭。

熊本工 対 室戸
-> 同じようなタイプの2校の激突。先行されても粘り強く逆転できる自力を持ったチームと見ました。しかしここは初出場、2回戦は逆転勝ちと勢いのある室戸で。もちろん出身地がおとなりということもあり応援します。

帝京 対 広陵
-> 1、2回戦を圧勝で勝ち上がった帝京は打力もさることながら機動力が売り、対する広陵は堅守のチーム。バッテリーの連携が帝京を止める鍵、帝京は主戦が2回戦デットボールで退場したのが心配。夏のメンバーが多く残っている帝京有利か。

関西 対 大垣日大
-> 大垣日大率いる阪口監督は以前東邦で全国制覇の経験があり選手以上に離れしているのが強みか。対する関西は昨年夏の1回戦で悲運のエース、ダーシュが打たれ2年連続の逆転負け。その夏の悔しい想いを後輩が晴らしているようにも見受けられます。判官びいきのワタクシは関西で。

とすれば準決勝は大阪桐蔭 対 室戸、帝京 対 関西になり、決勝の予想は大阪桐蔭 対 帝京がワタクシの予想、皆さんの予想はいかがですか。

posted by hide at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

日大藤沢、おしい!


選抜3日目、第三試合 日大藤沢 対 宇部商業の一戦はシーソーゲームで見ごたえのある試合でした。
試合中盤までは両投手が踏ん張ってゼロ更新。中盤先制は宇部商業、直後に日大藤沢が逆転、さらに宇部商業が再逆転、さらにさらに日大藤沢が追いつくというゲーム。
9回、日大藤沢の表攻撃が終わった時に延長、延長と席を立って戻ってくると・・・、9回裏初球をたたいてサヨナラホームラン。3-4Xで宇部商業。

投手の古谷君は春先にひじを痛めて投げ込みができなかったとのこと。夏はまた違う投球を見せてくれると思います。これで神奈川は春季大会も進んでいますがワタクシの中では完全に夏モード(?)。今年はどこが代表になるのか楽しみです。
posted by hide at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

選抜を通勤で見る方法


センバツをリアルタイムで見ることができない、録画を忘れた、このような時にばっちりなのは毎日放送のWebで公開しているストリーミング。ここから 「動画と詳細を見る」をクリックして、さらに飛んだ先のページで「1試合丸ごと再生」を押すとメディアプレーヤーが立ち上がり、何と試合をチェックすることができます。

ということはこのデータを落として加工すればiPodで持ち歩いて見えるということで、ワンセグなくとも甲子園の様子を見ることができます!それも朝夕の通勤で!

すばらしー。

これでじっくり野球を楽しめます。
posted by hide at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。